本当に効果のあるルーレットの攻略法や勝ちかたまとめ

ルーレットというのは、最終的には胴元に儲かる仕組みが確立しており、プレイヤーが100%勝てる、いわゆる「必勝法」は存在しません。
オンラインカジノにしろランドカジノしろ、ボランティアでカジノ運営をしているわけではありませんので、必勝法が存在していたらビジネスとして成立しません。
しかし必勝法はありませんが、勝率をアップさせる攻略法や勝ちかたは確立しており、トータル的なプラス収益を狙うことは十分に可能です

そこでこの記事では、本当に効果のあるルーレットの攻略法や勝ちかたをまとめてみましたので、ルーレットをプレイする際に是非実践してみてください。
正しく実践することで、勝つ確率を飛躍的に高め、負ける確率を大幅に低くすることができます。

的中率98.48%という3分の2ベット法

的中率98.48%という3分の2ベット法
ルーレットの勝ちかた「2/3ベット法」とは、各3倍配当のマス2箇所にベットする攻略法で、的中率98.48%にもなります。
数字の1~12、13~24、25~36の「ダズンベット」、12個の横に並んだ数字の「カラムベッド」、いずれかの中から、2箇所へ同額をベッドします。
的中することでベットした金額の利益となります。

ただし2/3法を実践する場合にはタイミングが重要で、ダズンベットかカラムベッドのどちらかで3回連続で同じ箇所に入った時のみとなります。
つまりルーレットのテーブルに入ったら、まず空回しで様子見し、3回連続入ったことを確認した次ゲームが勝負の時です。

ランドカジノでは空回しで様子見するのを禁止しているところが多いですが、オンラインカジノでしたら問題ありません。
まさにオンラインカジノのルーレットに最適な勝ちかたと言えるでしょう。

相当運が悪く無ければ必勝するベアビック法

相当運が悪く無ければ必勝するベアビック法
ルーレットの勝ちかた「ベアビック法」とは、36箇所ある数字の中から35箇所にそれぞれ同額をベットすることから、相当運が悪く無ければほぼ勝てる攻略法です。
0に入らない限り、ほぼ確実に的中します。
つまり0と00両方があるアメリカンルーレットでは的中率が下がりますので、ベアビック法を実践する場合には、ヨーロピアンルーレットを選びましょう。

ベアビック法のメリットは、もちろんその的中率であり、収益は1箇所のベット金額分のみですが、ほぼ毎ゲーム36倍の配当を受けることができます。
逆にデメリットとして、万が一外れてしまうと35箇所にベットした金額全てを失ってしまうことです。

例えば35箇所に1ドルづつベットした場合、的中で36ドルが払い戻され1ドルの勝利となり、外すと35ドルの損失となります。
しかしベアビック法の有効性は、すでに世界中で証明されているため、相当運が悪くない限りは、十分に勝てる攻略法と言えます。
ボーナスの規約に一部攻略法の禁止が記載されているものもあるので確認しましょう。

資金とテーブルリミットに注意するべきマーチンゲール法

資金とテーブルリミットに注意するべきマーチンゲール法
数多くあるルーレットの勝ちかたの中で、最も有名な攻略法と言えばマーチンゲール法であり、ギャンブル界では知らない人はいないと言っても過言ではありません。
日本では倍々法と呼ばれることもあり、負けたら倍賭けするのを繰り返し、的中すればその時点でプラス収益が確定する攻略法です。
マーチンゲール法は、黒赤や偶数奇数、HIGH&LOWのように、約50%で的中する箇所にベットし、実践するタイミングはいつでも問題ありません。

例えば最初に1ドルを黒にベットしたとします。
的中すれば2ドルになって払い戻され勝利確定となりますが、もし外れてしまった場合には、倍の2ドルを、再び約50%の箇所にベットします。
ここでまた負けたら4ドル、次に8ドル、16ドル、32ドル、64ドル、128ドル、256ドル,,,のように、倍々に増やしていきます。
どのタイミングでも、最初にベットした金額分が勝利金額となります。

一見、必勝法のように思えますが、ベット金額は倍々に膨れ上がっていきますので、たとえ1ドルベットから始めたとしても、連続して外すことであっという間に1,000ドルに到達してしまいます。
またルーレットにはテーブルリミットがあり、1回でベットできる金額に上限があります。
つまり上限に達した時点で、そこまでベットした分を取り返すことができなくなります。
このように、資金とテーブルリミットに注意する必要のあるマーチンゲール法ですが、理論上は必ず勝てる攻略法なのです。

まとめ

今回は、本当に効果のあるルーレットの攻略法や勝ちかたをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
2/3ベット法やベアビック法、マーチンゲール法などの攻略法を駆使することで、ルーレットの勝率は飛躍的にアップすること間違いありません。
まさにルーレットにおける勝ちかたではありますが、これら全ては、あくまでも攻略法であり、必ず勝てる必勝法ではありません。
どれだけ正しく攻略法を実践したところで、負ける可能性も十分にありますのでご注意ください。

また攻略法を実践している最中に、一度でもやり方を間違えることで、その時点で攻略法のロジックが崩壊し、その結果大きな損失を抱えてしまうことになります。
本当に効果のあるルーレットの攻略法や勝ちかたではありますが、正確かつ慎重に進めていくことが大切です。

オンラインカジノ時代のマーチンゲール法とモンテカルロ法

18世紀にヨーロッパで生まれたとされるマーチンゲール法とモンテカルロ法、これらの攻略法は、全世界に広まりアジアや欧米のカジノで今も利用されています。
そんな伝統ある攻略法であるマーチンゲール法とモンテカルロ法ですが、オンラインカジノが急成長した現在は、どのように利用すると良いのでしょうか。

今回は、オンラインカジノ時代のマーチンゲール法とモンテカルロ法というテーマで、現代的なこれらの攻略法の利用法について紹介します。
これを読めばきっとマーチンゲール法とモンテカルロ法の今が分かるのではないでしょうか。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はオンラインカジノの時代でも健在

マーチンゲール法とモンテカルロ法はオンラインカジノの時代でも健在
マーチンゲール法とモンテカルロ法はオンラインカジノの時代でも健在です。
なぜなら、禁止されていない点や様々な改良が施されている点、そしてメモが利用できるといったオンラインカジノにとって有利な点があるからです。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は、その勝率の高さから実際のカジノでは現在一部禁止しているカジノもあります。
しかし、オンラインカジノでは、それらの攻略法を禁止しているカジノは皆無であり、自由に利用できます。
そのため、ノウハウを紹介したサイトや動画などがあふれており、むしろ利用しやすい環境になっているのが特徴です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はオンラインカジノ時代に合わせて改良が施されてた新しい攻略法としてリメイクされた攻略法にもなっています。
こういった動きがあるほどマーチンゲール法とモンテカルロ法は盛んに利用されているといっても良いでしょう。

オンラインカジノ時代になってメモも利用できるようになりました。
実際のカジノでは利用しにくいメモの使用もオンラインカジノでは自由です。
そのため、モンテカルロ法など簡単なメモを取らなければベット金額が出せない攻略法によって適した環境です。

こういった環境や要因によってマーチンゲール法とモンテカルロ法は、オンラインカジノの時代となった現代でもむしろ健在といえます。

アプリやウェブ上の計算で利用する時代

アプリやウェブ上の計算で利用する時代
マーチンゲール法とモンテカルロ法は、シンプルな計算や数字の操作によって行う攻略法です。
そんな攻略法のため、ネット上には多くのアプリやウェブサービスが提供されています。
従来は頭の中で計算や数字の動きを考えてプレイしていましたが、オンラインカジノの時代になってメモが使用可能になり、更にアプリやウェブ上での計算によって飛躍的に利用しやすくなりました。

マーチンゲール法はアレンジされマーチンゲール系と言われている

マーチンゲール法は、ベット金額が一気に増えていくという弱点を持っています。
そのため、その弱点を改善するための改良が行われており、オンラインカジノで利用されるようになった現在でもその改良は続いています。
そんな改良されたマーチンゲール法は、マーチンゲール系の攻略法として知られるようになりました。
ここでは、具体的なマーチンゲール法の大系を持つグレートマーチンゲール法と3倍マーチンゲール法を紹介します。

グレートマーチンゲール法は、マーチンゲール法以上にベット金額を増やしていく方法です。
初期投資額に直前で出た損失額を2倍にしたものを加算するという攻略法です。
例えば、マーチンゲール法であれば1ドルを初期投資額にした場合、一回負けたら次は2ドルになります。
一方グレートマーチンゲール法は、1ドル+負けた金額の2倍、つまり合計3ドルをベットします。
この強烈なベット金額によって一度勝利すれば大きな利益を確保できます。
この攻略法は、マーチンゲール法がいくらプレイしても初期投資額以上の利益を出せないという弱点を補完しているのです。

3倍マーチンゲール法も同様で、こちらは3倍の金額をベットして勝負するというマーチンゲール法です。
非常に資金量が必要な攻略法ですが、勝利した場合は大きな利益を確保できると言う点で破壊力のある攻略法といえます。

いずれもマーチンゲール法の改良型であり、オンラインカジノでも利用できます。
しかし、短所であるベット金額の増額も非常に大きいため、十分な資金管理が要求されます。

モンテカルロ法は3倍配当での利用を推奨

モンテカルロ法は3倍配当での利用を推奨
マーチンゲール法とモンテカルロ法のうち、モンテカルロ法は2倍配当のゲームにも、3倍配当のゲームにも利用できます。
そして、オンラインカジノで盛んにモンテカルロ法が利用されるようになり、3倍配当での利用が推奨される傾向が出てきました。

その理由として、一度的中すれば攻略法の完了が早まりやすいという点が挙げられます。
モンテカルロ法は、数列を記載し、的中したら数字を消していき、数字が1つないし完全になくなった時点で損失を回収し、利益が出る攻略法です。
この的中したら数字を消す手段が2倍配当の場合は、2つの数字なのに対し、3倍配当は4つの数字を同時に消せます。
そのため、モンテカルロ法が完了しやすく、利益も積み重ねやすいという理由で推奨されているのです。
しかもオンラインカジノのゲームは、ハイスピードでプレイできるため、一気に利益を稼げます。

このようなトレンドがネット上ではあるのです。

ネットカジノの違法・グレーゾーンの話題

ネットカジノは基本的なプレイは違法となりません。
しかし、グレーゾーンといわれるプレイはあります。

今回、このネットカジノの違法ではないけれどグレーと言えるようなケースについて紹介します。
これらのケースは将来的に違法になったり、あるいは違法とみなされてもおかしくないケースです。
回避して頂くという意味でも今回紹介し、まとめました。

これを読めばネットカジノの違法になりかねないプレイスタイルについて知ることができるでしょう。
それではネットカジノのグレーゾーンについて紹介します。

違法と思われるネットカジノのグレーゾーンに当たるケースとは

違法と思われるネットカジノのグレーゾーンに当たるケースとは
違法とまではいかないにしてもグレーゾーンのケースがいくつかあります
それは、ネットカジノの運営に問題があった場合、ネットカジノのプレイを紛らわしい場所で行っていた場合、ネットカジノの儲けを申告しなかった場合といったケースです。

これらはグレーゾーンあるいは場合によって違法になりかねないケースであり、注意喚起の意味でも知っておきたいネットカジノの知識といえます。
これらのケースはどのような場合にグレーあるいは違法になってしまうのか、そんな話題に触れていきましょう。

ネットカジノに問題があった場合はグレーまたは違法

ネットカジノに問題があった場合はグレーまたは違法
ネットカジノに問題があった場合はグレーまたは違法です。
例えば、海外のネットカジノがライセンスなしで運用していた場合、プレイをしたことも違法になりかねません。

ただ、海外のライセンスのないネットカジノが摘発されない限りはこちらも違法にならないのでグレーになります。
近年はライセンスを積極的に取得するネットカジノばかりになったので、そういったケースがなくなりました。
しかし、マイナーなネットカジノでプレイしてしまうと気づかないうちに違法行為に手を染めてしまうこともあるのでライセンスを確認してプレイしましょう。

これ以外のケースとして、ネットカジノのライセンスは取得していたものの、明らかに日本人向けのネットカジノだったという場合です。
この場合は基本的にネットカジノの運営者が逮捕されるような違法行為ですが、プレイヤーまで逮捕されるかどうかは状況によるため限りなく違法に近いグレーです。
このように運営に問題があると違法になってしまうこともあるので、グレーといっても限りなく違法に近い行為といえます。

ネットカジノが違法と思われてしまうような場所でのプレイ

ネットカジノはスマホでプレイできるため、基本的に様々な場所でプレイできるようになっています。
ただ、ネットカフェなどでプレイしている場合は、まれにそのネットカフェが違法なカジノカフェだったということもあるので、紛らわしい行為はしないことをおすすめします。

他にも仕事の休憩時間や仕事中の場合も本来は、就業時間中に副業をしているような扱いになるためグレーです。
こういった紛らわしい場所や時間にプレイするのではなく、自宅などお金のやり取りがなさそうな場所で休日や仕事後などにプレイするのがおすすめといえます。

ネットカジノの儲け過ぎも違法になりかねないグレーゾーン

ネットカジノの儲け過ぎも違法になりかねないグレーゾーン
ネットカジノは、時に儲け過ぎることも違法になりかねません。
しかし、多少の利益であっても本来は確定申告が必要なのでグレーゾーンといえます。

参考として目安を紹介しましょう。
サラリーマンや自営業者など職業を持っている場合は、ネットカジノの儲けが50万円を超えた段階で税金がかかります。

また、ギャンブル以外に収入を得ていない人(無業者など)の場合、ギャンブルで得た収入が1年間で126万円を超えた金額から税金がかかる決まりです。
そのため、それに近い状態になった場合は確定申告をして税金を納める必要があります。

注意しなければいけないのは、ネットカジノは基本的にドルで儲けが支払われるという点です。
そのため、40万円程度の儲けかと思っていたら、実は日本円換算で50万円を超えていたということも少なくありません。
こういったこともあるので、本来は少額でも念のために確定申告をしておく必要がありますが、金額に満たない場合は税金が発生しないという理由で申告しない方もいます。
本来であれば、厳密には違法行為になるので1円でも利益が出たら一応申告しなければいけません。
しかし税金が発生しないのでグレーになっている面も否めない状態です。

また、定年退職者や学生(大学生などの成人)などの場合、1年間で126万円という中途半端な金額に設定されているので、大儲けしてしまったと思った時点だけでなく、一応確定申告をしておくのがおすすめです。
そうでないと年間で合算したら金額をオーバーしていたり、近年は仮想通貨でプレイもできるので日本円で出金したら儲けが倍になっていたというケースもあり得ないわけではありません。
そういった意味で少額のネットカジノの儲けを申告しないのは違法ではありませんが、グレーな行為なので、可能な限り申告しておきましょう。

古くから伝わる初心者向け攻略法

オンラインカジノほど勝ちやすいギャンブルは存在しない

オンラインカジノほど勝ちやすいギャンブルは存在しない

ギャンブルには勝ちやすいギャンブルと勝ちにくいギャンブルがあります。
しかし、実際にどのくらい勝ちやすく、どのくらい勝ちにくいのかをはっきりと理解しながらギャンブルを行っている方は少ないと思います。

ギャンブルの勝ちやすさはすべて事前に設定されているので、ただ運だけでギャンブルをしていては勝負を続けるにつれ、収支は必ずマイナスとなってしまいます。
そのため、ギャンブルで利益を出したいのなら勝ちやすいギャンブルを選ばなければなりません。
その勝ちやすいギャンブルの選び方には特別な部分はなに一つなく、誰でも簡単に勝ちやすいギャンブルを見分けることができます。

ギャンブルにはペイアウト率という数値が設定されています。
これはどのくらい使うとどのくらい資金が戻ってくるかを表す数値で、ペイアウト率が50%の場合は、そのギャンブルは使った金額の半分が戻るということになります。

日本のギャンブルのペイアウト率はパチンコがもっとも高く80%で、次に競馬が70%、宝くじが40%となっています。
このペイアウト率から、ギャンブルで利益を得たいのであればパチンコを選ぶのがベターだということがわかります。
逆に宝くじの場合はペイアウト率が40%しかないので、使った分を取り戻すことさえ難しいということがわかるでしょう。

オンラインカジノのペイアウト率は日本のギャンブルのペイアウト率を遙かに凌ぎ、なんと97%もあります。
これほど高いペイアウト率のギャンブルはオンラインカジノ以外にはないので、ギャンブルで利益を上げたいのならばオンラインカジノを選ぶのが得策であると言えるでしょう。

攻略法を使えばペイアウト率をさらに高められる

攻略法を使えばペイアウト率をさらに高められる

オンラインカジノのゲームは基本的にカジノでプレイできるゲームで構成されています。
スロットマシーン、ルーレット、バカラ、ブラックジャック、ポーカーなどカジノのゲームをオンライン上で楽しむことができます。

カジノは数百年もの長い間続いているギャンブルであるため、攻略法も多く存在しています。
世界中のプレイヤーたちがどうすれば利益を上げられるのかと真剣に悩み、考え抜いて誕生した手法であるため、使うべきタイミングしようすればゲームに勝てる可能性が大きく高まります。
オンラインカジノのベテランプレイヤーは、その時の状況に応じて相応しい攻略法を選んで使用し、ペイアウト率をさらに高めほぼ100%のペイアウト率でプレイしています。

勝ちやすさを上げられる攻略法と聞くと、使用方法が難しいように思えますが、攻略法の中には一切計算も暗記も必要としない簡単な攻略法もあります。
もちろん、簡単だからといっても利益を上げにくいというわけではありません。
簡単に使えて、利益を上げられる、そんな魅力的な攻略法の一つがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は1800年代からヨーロッパを中心に使われてきた攻略法で、現在もなお多くのプレイヤーが使用しています。
マーチンゲール法を使用できるのは勝率が50%のゲームに限られます。
勝率50%のゲームとしては、ルーレットの赤、黒や奇数、偶数、バカラ、ブラックジャックなどがあります。

マーチンゲール法の使用方法は負けたら倍賭け、勝ったら終了これだけです。
こうした賭け方をすることで、どれだけ負けが続いていても一度勝つだけで負け分をすべて取り戻し、さらに最初のゲームに賭けた額分プラスにすることができます。

ここからマーチンゲール法についてご紹介しますが、わかりやすく、最初のゲームを1ドルでスタートした場合でマーチンゲール法の流れを紹介したいと思います。
一度でも勝つとマーチンゲール法はいったん終了となるので、ご紹介するのは連敗した場合についてです。

1ゲーム目で1ドルを賭け、負けると収支は-2ドルになります。
負けた場合は前回のゲームの賭け額の倍を賭けることになるので、2ゲーム目では2ドルを賭けます。負けると収支は-3ドルとなります。
以降、
・3ゲーム目では4ドルを賭けます。負けると収支は-7ドルとなります。
・4ゲーム目では8ドルを賭けます。負けると収支は-15ドルとなります。
・5ゲーム目では16ドルを賭けます。負けると収支は-31ドルとなります。
・6ゲーム目では32ドルを賭けます。負けると収支は-63ドルとなります。
・7ゲーム目では64ドルを賭けます。負けると収支は-127ドルとなります。
・8ゲーム目では128ドルを賭けます。負けると収支は-255ドルとなります。
・9ゲーム目では256ドルを賭けます。負けると収支は-511ドルとなります。
・10ゲーム目では512ドルを賭けます。負けると収支は-1023ドルとなります。

委譲のように、わずか1ドルでスタートしてしても、10連敗もしてしまうと損失が1000ドルを超えてしまうので、ある程度資金に余裕を持たせておいた方がいいでしょう。
もしも資金不足で倍賭けができなくなってしまうとマーチンゲール法はそこで終わってしまうので、大きな損失を抱えてしまうことになりかねません。

また、ゲームによっては賭け金の上限が決められていますので、いくらから始め何連敗するとその上限に達するかを事前に把握しておくようにしましょう。
この資金に余裕を持たせることと、賭け金の上限の確認さえしっかりしていれば、誰でも負けを恐れることなくプレイし続けることができるでしょう。

オンラインカジノのペイアウト率が信用される理由

インターネットで楽しめるゲームには、ネット対戦ゲームやソーシャルゲームがありますが、それらは何時でも何処にいてもネットがつながる環境があれば、楽める利便性が受けています。
しかし、さらに楽しさをレベルアップさせたのが、オンラインカジノです。

オンラインカジノは、ただゲーム内容を楽しむだけでなく、実際にキャッシュをゲームに賭けて、配当金を稼ぐことができる新しい感覚のオンライン型のギャンブルです。

オンラインカジノの特徴とは?

オンラインカジノの特徴とは?

オンラインカジノは、インターネットを通じてバーチャル空間の中で公開されているカジノ場の色々なゲームで、賭ける楽しみを提供しています。
予想が当たると配当金を得られるので、本場ランドカジノと遜色ないギャンブル空間が広がっています。
オンラインカジノでも、勿論ランドカジノで楽しむことができるスロット・ルーレット・ブラックジャック・バカラ・ポーカーなどのカードゲームで賭けることができます。

ソーシャルゲームでは、ステージクリアでポイントを取ることで夢中になっていきますが、オンラインカジノでは、実際に電子マネー・クレジット決済で現金をチップ・コインに変えて、ルーレットやブラックジャック・スロットなどで賭けることで勝負することに心を熱くしていきます。
ルーレットで予想した数字やマークを当てて数倍の配当金を手にすることや、カードゲームでディーラーと勝負に勝つことで、コツコツとチップを増やしていくことも、オンラインカジノならではの魅力と言えます。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力の中で、なんと言っても特徴的なことは、大きな配当金を稼ぐチャンスがあるということです。
しかも、このギャンブルは、パソコン・スマホ・タブレットからでも参加することができて賭けられるので、休日の時間をじっくりつかわずとも、スキマ的な時間を探して、その時間を当てるだけでプレイ可能です。
そのおかげで、場所や時間を気にせずに好きな時に、手元の機器から操作して賭けることができるので、思い立った時がベストタイミングです。

最近では、リアルな臨場感で楽しめるライブカジノの人気を集めています。
スマホの画面から高速で回転しているルーレット盤の数字を予想して、ルーレットテーブルにチップを置いていく感覚や、ライブカメラから見えるディーラーの表情を睨みながら、ブラックジャックで次の一手を考えることも、まるでその場で勝負しているような感覚に浸れるのです。
これもオンラインカジノの虜にさせる魅力なのです。

スロットマシンでは、数億円もの配当金を稼げるジャックポット(大当り)があります。
このジャックポットにヒットすると、数千万円の配当金を手にすることも珍しくはありません。
日本人プレイヤーも、そのレベルのジャックポットを引き当てていますし、過去4億円の配当金も出ているので、決して夢物語とは言えないのです。

他ギャンブルと比べてペイアウト率は?

他ギャンブルと比べてペイアウト率は?

オンラインカジノは、ビッグな配当金が稼げるチャンスがありますが、やはりギャンブルなので勝敗はあることも事実。
それでも競馬や競輪といった公営ギャンブルよりも配当金の還元率が高いことが、オンラインカジノの特徴でもあります。

ペイアウト率という指標で比べると一目瞭然で、このペイアウト率は、賭け金総に対する配当金の比率で、どの程度の配当金が戻ってくるかを意味しています。
この率はパチンコで60%程度、競馬・競輪で80%、宝くじは50%程度と言われており、常に95%~99%をマークしているオンラインカジノがいかに優れているかということになります。

但し、ペイアウト率は賭け金総額/配当金総額の比率なので、全てのギャンブラーが配当金を手にするわけではありません。
儲かる人もいれば負ける人も必ずいます。
それでもオンラインカジノの各ゲームには、それぞれの攻略テクニックが確立されているので、それらの攻め方をマスターしてプレイしていくことで、勝率を高めていくことができますのです。

オンラインカジノに詐欺やインチキはある?

オンラインカジノに詐欺やインチキはある?

これだけ魅力もあるオンラインカジノには残念ながら、詐欺サイトがあるので注意を要します。

具体的には賭け金を騙し取る悪質な詐欺サイトがあり、その手口はフィッシングサイトのよう入金処理はまるで本当のオンラインカジノのようにスムーズな手続きで進んで行きます。
実際にゲームで賭ける時点で初めて詐欺サイトと分かるレベルなので、会員登録時点から健全な優良サイトをしっかりと見極め選択しなくてはなりません。

優良オンラインカジノを見極める方法としては、ライセンスの有無を確認することです。
カジノライセンスは運営許可証のことで、カジノ運営を法的に認めた許可証です。
イギリスやジブラルタル・マルタ・マン島などがライセンス発行国として非常にステータスが高く、これらのライセンスを取得しているオンラインカジノは、間違いなく優良サイトと言えます。

尚、同じライセンスでも、南米エリアの国が発行するライセンスは審査基準が緩く悪質なサイトでも、比較的簡単にライセンスが取得できる可能性があるので、発行国の確認行い会員登録することが悪質サイトを避ける有効な手段となります。

対戦形式ではない初心者向きなゲーム

オンラインカジノと言えば手に汗握る展開が多々待っています。
何せ結果の先には大きな利益となっている可能性もあるだけに、誰もが結果に対して一喜一憂しますし、良い結果を求めて様々な努力をするのも当然です。
そんなオンラインカジノの中でも比較的シンプル且つ気軽に楽しめるのがルーレットです。

ルーレットのルールはシンプル

ルーレットのルールはシンプル

ルーレットは盤が回転した後に玉が射出され、射出された玉がどこに落ちるのかを当てるというシンプルなものです。
さらに言えば、シンプルであると共にプレイヤーが何かをすることもありません。
射出された玉は誰もが推移を見守るだけで、誰かの手によって軌道が変わることはありません。
誰も何もできないので、誰もが平等なゲームだと言えるのではないでしょうか。

スロットマシンのように自らでタイミングを計る必要もありませんし、トランプを使ったゲームのように自らが戦略を考える必要もありません。
あくまでも「結果を見守り、当てる」のがルーレットです。
だからこそ、ルーレットはオンラインカジノの初心者でも手軽に楽しめます。

また、ルーレットの特徴として様々なベット術がある点が挙げられます。
色、数字など、様々な賭け方がありますので、仮に色で当てるとすれば、二択になるものもあるので、勝率に換算すればほぼ50%です。

一方で、数字をピンポイントで当てることもできます。
数字をピンポイントで当てるのは難しい分配当が高くなりますので、勝負を賭けるか、あるいは様子見をするのかなど、結果を見守るだけではあってもそれなりに戦略性のあるゲームだと分かるのではないでしょうか。
むしろ結果を見守るだけだからこそ、他の部分であれこれ考える楽しさがあるのがルーレットです。

ルーレットが初心者向きのゲームとされる理由

ルーレットが初心者向きのゲームとされる理由

これらの特徴から、ルーレットは初心者向けとも言われています。
特に、「自分のペースで遊べる点」は、初心者にとってはありがたいのではないでしょうか。

トランプの場合、さすがに「マイペース」とは言えません。
相手ディーラーとの駆け引きが求められるのはもちろんですが、制限時間が設けられているものもあります。
時間内に考えをまとめなければならないので、初心者はもちろんですが、上級者とて自分の考えがまとまらず、結局は運に任せるしかないケースも珍しくありません。

一方のルーレットは、制限時間がない訳ではありませんが、必ず勝負を挑まなければならない訳でもありませんので、ピンとこなければ勝負を避けてみているだけという選択も可能です。
このように、自分のペースで遊べるという点はルーレットならではな魅力と考えて良いでしょう。

ルーレットも様々です

ルーレットも様々です

これまで、あくまでも「一般的なルーレット」について説明してきたのですが、ルーレットもまた、様々な個性が付与されるようになりました。
例えばビンゴと組み合わせ、当てた番号で列を作るタイプのルーレットもあれば、グラフィックに凝っているルーレットもあります。

一口に「ルーレット」と言ってもシンプルなルーレットもあれば、凝りに凝ったルーレットもありますので、オンラインカジノのルーレットで遊びたいのであれば、「どのようなルーレットなのか」は、前もって把握しておいた方が良いでしょう。

オンラインカジノ業者側としても、多くのオンラインカジノ業者が登場していますので、自分たちの個性をと考えています。結果、ルーレットも様々んタイプが登場しています。
広い意味での「ルーレット」であれば、ほぼ全てのオンラインカジノに用意されているといっても良い野ですが、それぞれ微妙に異なりますので、その点は注意しておいた方が良いでしょう。
それでも基本的には「玉が落ちる場所を当てる」ものであって、そこからの応用が増えていると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

ルーレットのこれから

ルーレットは様々なタイプがあるとお伝えしましたが、近年増えているのがライブゲームのルーレットです。
ライブゲームとは生中継と考えると分かりやすいのですが、ルーレットも様々な演出がなされています。
更には、ライブゲームとしてそれまでのルーレットにはない演出を加えたものも多々登場しています。

そのため、一見ルーレットだとは分からないような派手な演出の物も増えていますが、今後さらに様々なルーレットが登場することが予想されていますので、ルーレットが好きな人は今後の動向もチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

ルーレットはシンプルで、且つ自分のペースで楽しめるゲームとあってオンラインカジノの中でも気軽に楽しめるゲームである一方、近年は様々な演出、さらにはライブゲームとの組み合わせのルーレットも登場していますので、今後どうなるのかという点も注目されています。
シンプルさを損ねず、一方では面白い演出が加わるなど、ルーレットも幅広いものとなっていますので、今後が楽しみなジャンルと言えるでしょう。

オンラインカジノの広報は慎重さが必要

オンラインカジノは動画配信サービスで宣伝へ

オンラインカジノは動画配信サービスで宣伝へ

オンラインカジノの宣伝はアフィリエイト関連のバナーを使って実施しています。
この方法は非常に目立ちやすいものの、バナー自体をクリックしてくれないユーザーが増えているため、ここ最近はあまり効果発揮していません。

そこで最近登場しているのが、実際にオンラインカジノをプレイしている動画を配信させ、どの動画を見ていいと思ったユーザーにオンラインカジノへ登録してもらう方法です。
オンラインカジノは、動画配信サービスとの結びつきを強めて、より多くのユーザーを得ようと考えているのです。

動画配信サービスを使えば理解されやすい

近年動画配信サービスを利用している背景には、動画配信サービスを使えばオンラインカジノを簡単に宣伝できるという部分があるからです。
オンラインカジノというサービスは、日本では知名度が決して高いわけではなく、ギャンブルを楽しんでいる方に多少知られている程度です。
より多くのユーザーに知ってもらいたいと考えているなら、動画配信サービスのように多くのユーザーがいて、オンラインカジノというサービスを知らない方に宣伝したほうがいいのです。

徐々にオンラインカジノがYouTubeなどにアカウントを作成し、動画配信によってオンラインカジノの宣伝を開始しています。
動画を見たユーザーは、オンラインカジノで儲かると思えば、概要欄にあるリンクからオンラインカジノへ入れば登録できます。
登録さえ終われば、いつでもオンラインカジノで遊べる仕組みとなっており、敷居が高いように感じられるオンラインカジノのサービスを簡単に理解して登録まで完了させられるという良さがあります。

また、全くオンラインカジノを知らないユーザーに対して、動画配信サービスを経由すれば簡単に宣伝できるというメリットがあります。
オンラインカジノとしては、動画配信サービスでオンラインカジノに触れてないユーザー、もしくは全くオンラインカジノを知らないユーザーに動画を見てもらい、色々なゲームが存在して稼げるということを知って貰いたいと思っています。
そして気に入ってくれれば、概要欄にあるリンクから移動してもらい、実際にサービスを使ってもらうのです。

個人ユーザーのオンラインカジノ配信は危険

個人ユーザーのオンラインカジノ配信は危険

オンラインカジノを配信しようと考えているユーザーもいます。近年は生放送をユーザーが実施できるようになり、簡単にオンラインカジノの情報を提供できるようになりました。
個人ユーザーがオンラインカジノでプレイしている様子を見てもらい、気に行ったらオンラインカジノへ登録してもらう、もしくは遊んでいるユーザーにお金を渡してもっとオンラインカジノで遊んでもらうなど、様々な方法でオンラインカジノのサービスを生放送で楽しませるのです。

しかし、オンラインカジノを生放送していると、ギャンブル関連の問題に引っ掛かり、動画配信が突然ストップします。
最大の理由はオンラインカジノというサービスが、YouTubeの規約に引っかかっているからです。
YouTubeでは、動画配信でオンラインカジノなどのギャンブル関連のサービスは絶対に放送してはいけないとしています。
ギャンブルだと考えられる配信については、かなり厳しい対応を取っているのです。

個人ユーザーがオンラインカジノに関連するサービスを配信した場合、その時点で生放送は強制的に終了させられます。
さらにアカウントが凍結される可能性が高く、自分が利用している動画配信サービスのアカウントは消滅してしまうのです。
ただ、オンラインカジノのアカウントは削除されません。要はオンラインカジノ自体には問題ないものの、それ以外のサービスには影響が出ると考えてください。

個人で動画配信をするなら海外の配信サイトを使おう

個人で動画配信をするなら海外の配信サイトを使おう

YouTubeは海外のサービスではありますが、オンラインカジノなどのギャンブルは厳しく規制しており、アカウント凍結の可能性があります。
オンラインカジノを配信して遊んでいる様子を見せるというのは非常にいい方法なのですが、配信サイト側のアカウントを凍結されたり、二度とサービスを利用できない問題が発生するようであれば、それは非常に危険なのです。

そこでオンラインカジノを配信できるサービスを探して、問題なくユーザーにも見てもらえる配信サイトを探しておきましょう。
実は海外の動画配信サービスを中心に、オンラインカジノを配信できるケースがあります。
海外であればギャンブル関連のサービスは特に影響なく放送できますし、しかもギャンブル関連のサービスを延々と放送し続けても削除されません。
アカウントを消去されないという部分では、海外の配信サイトにはかなりのメリットがあるのです。

当然ですが、オンラインカジノの配信を検討する場合、色々な規約などを確認しておきましょう。
場合によっては突然配信が停止されるなどの問題もあります。
無茶な配信等は考えず、ただオンラインカジノで遊んでいる様子だけを放送したほうが安心できるでしょう。