古くから伝わる初心者向け攻略法

オンラインカジノほど勝ちやすいギャンブルは存在しない

ギャンブルには勝ちやすいギャンブルと勝ちにくいギャンブルがあります。
しかし、実際にどのくらい勝ちやすく、どのくらい勝ちにくいのかをはっきりと理解しながらギャンブルを行っている方は少ないと思います。

ギャンブルの勝ちやすさはすべて事前に設定されているので、ただ運だけでギャンブルをしていては勝負を続けるにつれ、収支は必ずマイナスとなってしまいます。
そのため、ギャンブルで利益を出したいのなら勝ちやすいギャンブルを選ばなければなりません。
その勝ちやすいギャンブルの選び方には特別な部分はなに一つなく、誰でも簡単に勝ちやすいギャンブルを見分けることができます。

ギャンブルにはペイアウト率という数値が設定されています。
これはどのくらい使うとどのくらい資金が戻ってくるかを表す数値で、ペイアウト率が50%の場合は、そのギャンブルは使った金額の半分が戻るということになります。

日本のギャンブルのペイアウト率はパチンコがもっとも高く80%で、次に競馬が70%、宝くじが40%となっています。
このペイアウト率から、ギャンブルで利益を得たいのであればパチンコを選ぶのがベターだということがわかります。
逆に宝くじの場合はペイアウト率が40%しかないので、使った分を取り戻すことさえ難しいということがわかるでしょう。

オンラインカジノのペイアウト率は日本のギャンブルのペイアウト率を遙かに凌ぎ、なんと97%もあります。
これほど高いペイアウト率のギャンブルはオンラインカジノ以外にはないので、ギャンブルで利益を上げたいのならばオンラインカジノを選ぶのが得策であると言えるでしょう。

攻略法を使えばペイアウト率をさらに高められる

オンラインカジノのゲームは基本的にカジノでプレイできるゲームで構成されています。
スロットマシーン、ルーレット、バカラ、ブラックジャック、ポーカーなどカジノのゲームをオンライン上で楽しむことができます。

カジノは数百年もの長い間続いているギャンブルであるため、攻略法も多く存在しています。
世界中のプレイヤーたちがどうすれば利益を上げられるのかと真剣に悩み、考え抜いて誕生した手法であるため、使うべきタイミングしようすればゲームに勝てる可能性が大きく高まります。
オンラインカジノのベテランプレイヤーは、その時の状況に応じて相応しい攻略法を選んで使用し、ペイアウト率をさらに高めほぼ100%のペイアウト率でプレイしています。

勝ちやすさを上げられる攻略法と聞くと、使用方法が難しいように思えますが、攻略法の中には一切計算も暗記も必要としない簡単な攻略法もあります。
もちろん、簡単だからといっても利益を上げにくいというわけではありません。
簡単に使えて、利益を上げられる、そんな魅力的な攻略法の一つがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は1800年代からヨーロッパを中心に使われてきた攻略法で、現在もなお多くのプレイヤーが使用しています。
マーチンゲル法を使用できるのは勝率が50%のゲームに限られます。勝率50%のゲームとしては、ルーレットの赤、黒や奇数、偶数、バカラ、ブラックジャックなどがあります。

マーチンゲル法の使用方法は負けたら倍賭け、勝ったら終了これだけです。
こうした賭け方をすることで、どれだけ負けが続いていても一度勝つだけで負け分をすべて取り戻し、さらに最初のゲームに賭けた額分プラスにすることができます。

ここからマーチンゲール法についてご紹介しますが、わかりやすく、最初のゲームを1ドルでスタートした場合でマーチゲール法の流れを紹介したいと思います。
一度でも勝つとマーチンゲール法はいったん終了となるので、ご紹介するのは連敗した場合についてです。

1ゲーム目で1ドルを賭け、負けると収支は-2ドルになります。
負けた場合は前回のゲームの賭け額の倍を賭けることになるので、2ゲーム目では2ドルを賭けます。負けると収支は-3ドルとなります。
以降、
・3ゲーム目では4ドルを賭けます。負けると収支は-7ドルとなります。
・4ゲーム目では8ドルを賭けます。負けると収支は-15ドルとなります。
・5ゲーム目では16ドルを賭けます。負けると収支は-31ドルとなります。
・6ゲーム目では32ドルを賭けます。負けると収支は-63ドルとなります。
・7ゲーム目では64ドルを賭けます。負けると収支は-127ドルとなります。
・8ゲーム目では128ドルを賭けます。負けると収支は-255ドルとなります。
・9ゲーム目では256ドルを賭けます。負けると収支は-511ドルとなります。
・10ゲーム目では512ドルを賭けます。負けると収支は-1023ドルとなります。

委譲のように、わずか1ドルでスタートしてしても、10連敗もしてしまうと損失が1000ドルを超えてしまうので、ある程度資金に余裕を持たせておいた方がいいでしょう。
もしも資金不足で倍賭けができなくなってしまうとマーチンゲール法はそこで終わってしまうので、大きな損失を抱えてしまうことになりかねません。

また、ゲームによっては賭け金の上限が決められていますので、いくらから始め何連敗するとその上限に達するかを事前に把握しておくようにしましょう。
この資金に余裕を持たせることと、賭け金の上限の確認さえしっかりしていれば、誰でも負けを恐れることなくプレイし続けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です