儲ける為には細心の注意が必要

勝率の高いオンラインギャンブル

ギャンブルを楽しむうえで、重要視されるのが勝率です。
勝ちやすさにこだわるならば、オンラインカジノを選んでください。

オンラインカジノの概要

インターネットを利用して楽しめるのがオンラインカジノです。
365日24時間楽しめますから、ちょっとしたスキマ時間も有効に利用できます。

その歴史は1995年にさかのぼります。
インターネット網の発達とともに成長しており、現在では世界中で楽しまれているギャンブルです。
以前は安全性を不安視する声があったのですが、ライセンス制を設けていますので、これを確認すれば安全と考えてください。
ライセンスとはカジノを合法化している政府が発行するものであり、健全な運営をしている証となるものです。
逆の言い方をするならば、ライセンスが見当たらないサイトは悪質な詐欺サイトの可能性が高いことになります。

オンラインカジノの勝ちやすさ

ギャンブルを楽しみたいならば、勝ちやすさを追求したいものです。
勝率を比較する指標としてペイアウトがあります。
これは、還元率や払い戻し率とされるものであり、賭け金に対する期待値です。
さまざまなギャンブルを比較してみましょう。

多くの人が楽しんでいる宝くじのペイアウトは50%前後とされます。
この数値が意味するのは、10000円を投じたら5000円のリターンを期待できることです。
全体でみた数値ですから、実際には5000円のリターンも難しいでしょう。
またパチンコやパチスロのペイアウトを検証すると、だいたい80%程度とされます。
宝くじよりは高いものの、必勝とは言えません。

ギャンブルでもっとも高いと考えられているのがオンラインカジノであり、そのペイアウトは98%以上という驚異的な数値です。
初心者であっても、10000円を投じたら9800円以上のリターンを期待できますから、長く楽しめることとなります。

効果的な戦略について

カジノゲームには、さまざまな戦略が確立されています。
これらを学ぶことで、勝率をさらに高められるのです。

ただでさえ勝率の高いオンラインカジノですが、戦略を自分のものにすれば軍資金の効率的な増加を見込めます。
ここに多くのギャンブラーが魅せられているのです。

とくにカードゲームには戦略が必須となります。
オンラインカジノでカードゲームを楽しむならば、戦略を駆使して勝率を極限まで高めましょう。
必勝法とされる戦略テクニックは、さまざまなサイトで紹介されています。しっかりと学習してください。

オンラインカジノの注意点について

手軽に楽しめるオンラインカジノは人気が急上昇しています。
しかし、注意しなければならないポイントがあるのも事実です。

賭博罪の存在について

日本ではギャンブル行為が禁止されており、違反すると賭博罪に問われてしまいます。
オンラインカジノはギャンブルですから、不安になるのも無理はありません。

現在の法律に照らすと、オンラインカジノはグレーゾーンです。
賭博罪は日本国内におけるギャンブル行為に対して適用され、海外のサーバーへアクセスしてギャンブルを楽しむ行為を取り締まることができません。
仕組みを知れば安心できるのではないでしょうか?

スマートライブ事件について

2016年に、オンラインカジノプレイヤーの摘発事例が立て続けに発生しました。
スマートライブ事件の概要を紹介しましょう。

会員制カジノサイトとなるスマートライブでブラックジャックを楽しんでいたプレイヤーが摘発対象となったのです。
全国のオンラインカジノファンの間で衝撃的に紹介されたので、記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?
この事件における問題点は、実質の運営がどこでなされていたのか、ということです。

スマートライブは日本人向けに特化されており、日本人同士のコミュニティが確立していました。
警察当局の見解は、カジノの運営が日本国内で完結しているとしたものです。
本来は胴元を完全に特定して全体の摘発に踏み切るのが本筋ですが、今回に関してはプレイヤーの摘発が大きな目的とされました。
結局、スマートライブにおけるプレイ内容をブログに掲載していたプレイヤーが摘発対象として挙げられたのです。
内偵捜査で本人を特定され、単純賭博罪に問われました。
この場合、略式起訴および罰金を支払うこととなるのですが、精神的にかなり辛かったことでしょう。

教訓にすべきこと

今回の事件から学びたいポイントがいくつか存在します。
それは、日本人だけに特化したカジノサイトに注意することです。
日本語対応ぐらいならば問題ないのですが、日本人しか利用できない形態となっている場合には要注意となります。

また、カジノのプレイ内容を安易にブログ公開しないように気を付けてください。
警察当局による内偵捜査は、ブログ内のチェックにまでおよびます。本人確定の決定的証拠となるものですから、ブログ公開は匿名を基本にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です